どんな手入れが必要?|クセ毛ならアイロンでストレートに【髪の毛の悩みを解決】

BeautyHairStyle

ストレートヘアを作るときに使うヘアアイロンを長持ちさせる秘訣

どんな手入れが必要?

ヘアセット

柔らかい布

ヘアアイロンは汚れてしまうため乾いた柔らかい布で軽く拭きましょう。その後に、布を濡らして加熱部分を力を入れずに拭きます。また、汚れが吹きにくい場所は綿棒を使うと便利です。ヘアアイロン全体の汚れを落とした後は、仕上げに乾いた布で再度拭き、よく乾かすことが大切です。

頻度

ヘアアイロンの商品によっては特殊加工になっているものもあるため、毎日の手入れで逆に劣化してしまう可能性もあります。そのため、なるべく劣化を防ぐためにも、手入れは毎日行なうのではなく、週に1回か、汚れに気づいた時に手入れする程度が良いと言われています。

手入れの注意点

ヘアアイロンの手入れを行なう際に確認しておきたいのが電源です。電源が入ったまま手入れを始めてしまうと、怪我をしてしまう恐れがあります。そのため、電源をオフにするだけでなく、念のためコンセントから電源プラグを抜くことも忘れないようにしましょう。

いつかは壊れてしまう

ヘアアイロンは電化製品となるため、大切に使っていてもいつかは壊れてしまう商品でもあります。小さい商品であるにも関わらず高温で使用する製品となるため、少しのダメージで内部が故障してしまう可能性もあるからです。そのため、耐久性や保証については予め調べておいた方が安心でしょう。

商品を購入する際のポイントQ&A

保証期間はどのくらい?

ヘアアイロンの保証期間はメーカーによって様々ですが、商品を購入する際は最低でも1年以上保証期間が設けられているメーカーを選びましょう。故障内容によっては保証で適用できるものもあるため、購入前によく確認しておくことが大切です。

耐久性が強いものはあるの?

クセ毛の人にとって、簡単にストレートヘアが作れるアイロンは必需品ともいえます。そんなヘアアイロンの中には、耐久性をウリにしている商品もあります。耐久性に優れている製品なら通常よりもダメージに強いですし、長く愛用することができるでしょう。ですが、耐久性だけに目をとらわれず、品質を確認することも重要です。